20220118_160302

マウントを取る人への対処法

マウントを取る人って、その相手に「わたしの方が上なのよ」ってわからせたいからするんですよね。

そして、マウントマンがその後どういうことで満足するかと言うと、マウントされた相手がシュン・・となったり悔しそうにしたりと、反応が見えた時です。

これ、どういうことが起こってるかと言うと、マウントマンが相手からエネルギーをチャージ出来たということなんです。


マウント行為のことだけではなく、ハラスメント、いじめなども根底は同じで、相手からエネルギーをチャージするための行為なんです。

している本人は、自覚していない場合が多いと思いますけれどね。



された方はエネルギーを奪われたわけですから、当然活力は無くなりますし重い気持ちになります。


この仕組みを理解したのは、ずっと以前『聖なる予言』という本を読んだ時でした。


(最近わたしがいつも記事などを見ているミナミAアシュタールさんも仰っていますね)





では、どうすればエネルギーを奪われずに済むのか。

一言で言ってしまえば、気にしないということなんですよね。

反応してしまうのは、自分もマウントマンの言ったことを受け入れているからなんです。

例えば、わたしたちが「ニガー!」と罵られても「?」しか無いですよね。

だって、わたしたちは日本人で黒人ではないことは明確ですから。

受け入れず、自然にスルーするかと思います。

何の感情も動きません。


これと同じです。

どんなに相手が馬鹿にしても、イヤミを言っても、無視をしても、気にしなければエネルギーは奪われません。


そもそも、その人はその人の価値でその人だけの世界で生きているのだから、こちらに何を言ってこようと、やってこようと、受けれる必要など無いのですから。

相手の物差しを勝手にこちらに当てて測っても、そんなのこちらには意味が無いし関係無いですからね。

あなたの世界ではそうなんですね~。でも、わたしの世界では違うんですよ~」とやり過ごせば良いのですよ。


そしたら相手はエネルギーチャージ出来ずに重い気持ちを引きずるでしょう。

もしかしたら、再度奪いにくるかもしれません。

でも、どこまで行っても「ふーん」とやり過ごしていると、そのうち相手も諦めると思います。

どれだけやっても糠に釘ですからね

マウントマンは、自らのエネルギーが不足しているからチャージしようとするのです。

そう、自分ではチャージ出来ない哀れな人達なんです。

そういう事実も理解すると、本気で腹を立てたり出来なくなると思いますよ~。












スポンサーリンク