IMG_3796

ダイソー・セリア造花一覧と、わたしのお花の選び方・アレンジに気をつけていること まとめ

アレンジも随分たくさんになってきました



ダイソー・セリア造花の一覧と、わたしなりに感じたお花の選び方、アレンジの際に気を付けていることを書いてみました。

ひとつのやり方として、参考にしていただければ幸いです





1.ダイソー造花の特徴

ダイソーの造花でまず目を引く点は、種類の多さですよね

「こんなのもあるの?!」って驚いてしまうものを見つけることがあって、見ていてとても楽しいです。

IMG_3658
先日、スターチスやフリージアまで見つけて「さすがダイソーや・・」とビックリしました



IMG_3815

IMG_3663
定番のバラや小菊、カスミソウ、紫陽花、ユリ科やラン科のお花・・など、とてもたくさんありました。




IMG_3816茎がリング状になった造花、茎の無いガーランド状になった造花、ピック状の造花・・。



IMG_3665

IMG_3874
通年置いていそうな実物。




IMG_3878

IMG_3951
人気のドライ風フラワー。




IMG_3953
季節の花材。この時期はコスモスやドングリや柿の実まで


IMG_3952
ポインセチアなど、クリスマスの花材もとても豊富でした



IMG_3873

IMG_3877
ダスティミラーやオリヅルランなど、アレンジに重宝する葉類も驚くほど豊富です


IMG_3666
ナチュラルパーツです。

本当にたくさんの種類があって、見ているだけでも楽しくなります



わたしが感じるダイソー造花の特徴2つ目は、大きい造花が多いということです。

「お店のディスプレイには良くても、部屋に飾るにはちょっと大きいな・・」と感じるものもあります。

本物よりかなり大きくなると、ちょっとグロテスクな感じもしてしまいます。

でも、小さくて細かいディティールのものを作るのは、100均では無理なのかもしれませんね


2.セリア造花の特徴

セリアの造花は、ダイソーほど種類は多くない印象ですが、可愛らしい造花がたくさんあるイメージです。

IMG_3823
ラベンダー、ガーベラ、矢車草や忘れな草など・・。



IMG_3834

IMG_3837

IMG_3466
バラ。





IMG_3835

IMG_3847
ラナンキュラス。




IMG_3956
このシリーズ、落ち着いたアンティークな風合いでイイですよね。





IMG_3961
人気のテキストとデニムの造花。

わたしも次は、これでアレンジしたいです



IMG_3846
お供えに使えそうな造花もたくさんありました。
(ピントが合っていなくてスイマセン


IMG_3465
わたしもアレンジによく使う、ミルキーベビーブレスとカスミソウです。



IMG_3954
グリーンマット類や、



IMG_3955
ガーランド類です。




IMG_3464
セリアのデコレーションパーツです。

わたしが良く使うセリアの造花は、ポピーという会社が作っているものが多かったです。

+.+.+.+.

以下は、100均造花アレンジをチープに見せないために、造花を選ぶ際にわたしが気を付けている点です。

本物より大きすぎる造花は避ける
多少大きいのは良いのですが、大きすぎると違和感が出てしまいます。
小さい分には、ミニチュアのような可愛らしさが出るのでOKだと思います。


ツヤがあって、ワンカラ―の造花は避ける
生地ではなく、ツヤのあるプラスティック感のある素材で、グラデーションの無いワンカラ―の造花は避けています。

白い粉がついている造花を選ぶIMG_3814
わたしはシャビーなアレンジが大好きなので、白い粉が付いている造花をよく選びます。
この粉によって造花っぽさも薄くなり、高見え効果もバッチリです
アレンジの際は粉が剥がれちゃうので、何か敷いた上でアレンジすることをおススメします




3.室内のガーデン風 ローズアーチ

IMG_1794
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

すべてダイソーの造花で作りました。

花材は、全部で12本1,200円です。

こんな大きめのアレンジをする時は、ダイソーの造花が良いですね

シャルロットローズが優しい色合いでとても良く出来ていて、100均には全く見えない造花です

サブ花材に使ったドライ風フラワー プチローズもお気に入りです

4.100均には見えない?!シャビーアンティークな本格的リース

IMG_2347
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

黒い実物以外は、全てセリアの造花で作りました。

花材は16本で1,600円です。

グリーンマットから外して、1つずつワイヤリングするため少々手間はかかりますが、素敵なリースになりましたので、是非おススメしたいアレンジです

リースブーケにも使えるかと思います

このリースアレンジに限らないのですが、リース台に一周全部に花材を付ける際、台からはみ出る大きなお花を付ける時は、外側にはみ出さないで内側にはみ出すようにすると(リース外周の形を壊さないようにするため)、全体のバランスが良くなると思います。

そんなことも考慮して、一度リースアレンジも試してみて下さい



5.100均造花でリングピロー風 見せるアクセ収納BOX

セリア木箱でアクセ収納BOXをDIY
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

この紫陽花は、セリアで一目惚れして買いました

大きさといい、色といい、花びらの細かな皺(?)の入り方といい、とっても可愛くて「何に使おう」とずっと考えていて作ったものです。

お花の中心もビミョーに色が変化していて、繊細な作りがこの可愛らしさを出しているのだと思います

6.意外に簡単。チープに見えないフェイクケーキ

フェイクケーキ上から
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

今までのアレンジで余った葉や実物を使いたくて、思いついたアレンジです

円柱にカットしたフローラルフォームの上面にモスを貼り付けて、フチに葉を囲うように貼り付けたら、その中に余り物の実や葉を乗せていくだけです。

小さなカワイイ松ぼっくりは、ナチュラルキッチンで買ったものです。

7.ダイソー造花もピックなら小さくてかわいい。ミニリース

IMG_3509
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

ダイソーの造花も、ピックを使えば小さな可愛いアレンジが出来ますね。

100均のココナツのファイバーを巻き付けたりラフィアのリボンを付けることで、チープ感が更に無くなったような気がします

8.100均ナチュラル素材の実物でチープさを無くすミニリース

IMG_3589
(画像をクリックすると、製作記事へとびます)

これも、アレンジの余り物の消化のために作りました

ナチュラルなドライ素材も加えることで、チープ感が減ったと思います

+.+.+.+.

わたしの好みの点からの、チープに見せないこだわりを今回書いてみました。

ひとつの価値観にすぎないので、参考程度にしていただければ嬉しいです


最近気が付いたのですが、わたしはこの↓イメージでアレンジしていることが多いみたいです。
IMG_3811
小学生の頃に憧れた世界観。。

田渕由美子さんのマンガの世界が大好きで、これがベースになっていると最近気づきました



関連記事






Instagram_AppIcon_Aug2017   Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_Color



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 100均ハンドメイドへ
にほんブログ村
スポンサーリンク