わたしは、個人事業主として、この先やりたいことだけをして生活をしていきたいと考えています。


何をしていきたいのかは、またの機会に書いていきたいと思いますが、

今は、派遣の仕事をしています。


以前は、派遣の時もそれより前の正社員で働いている時も、

あまり人間関係が上手くいってるとは言い難く、

それ故、仕事でのストレスも今より随分多かったです。



原因は、今ならはっきりとわかるのですが、自己肯定感の低さです。


普段、はっきりと表層意識には上がってこないけれど、

「(周りの人間に比べて)自分には価値がない」
「(周りの人間に比べて)自分には力などない」

という観念をしっかり握りしめていました。


それが、『自分の内面により現実の物理現象が変わる、反映される』ということを知り、

(特に、108さんの言葉に随分惹かれました。
108 まとめ』と検索すると、108さんが質問者に答えているまとめサイトがいくつも出てきます)


不要な観念を手放し、また気づけば握りしめ、そして手放してはまた握りしめ…を何度も何度も繰り返し、

あの頃より、ずっと自分の力を信頼出来るようになりました。



前は、「派遣先の仕事の更新を止めたら、次があるかどうかわからないから

自分から更新を止めたらいけない」というプレッシャーを持っていました。


だって、力の無いわたしがせっかく有りついた仕事です。

ここで失えば、力の無いわたしのことなので、次があるかわかりません。


でも、そんなプレッシャーを持っていると、却って上手くいかないものなんですよね。


色々しんどいことがありました。



今は、「嫌なら辞める」と自然に思っています。

人間関係でも、仕事内容でも。



でも、ここ数年間、職場の人間関係は格段に良くなりました。

まず、就く先々で、嫌な人が一人もいない!

以前は、単に自分と合わないということでなく、

周りからも影で嫌われているようなきつい人と出くわすことが度々ありました。


あと、「嫌なら躊躇せず辞める」とずっと思ってきたのですが、

自然に派遣会社やそのスタッフの方々への感謝も湧いてきました。

実際に色んなスタッフの方の手を経て、お金が貰える環境にいますものね。

今まではこんな風に感じたことが無かったので、不思議です。



そして先日、期間満了になり、次を探さなくてはいけなくなりました。

わたしの中でなんとなく「OA入力は人気職なので就くのは難しい」というのがあったんですね。

実際、前は、苦手なテレアポの仕事に就いてみたりしました。

「テレアポは不人気職だから、苦手でもやらなければ食べていけない」

という観念を持っていたんですね。



やってみて、苦手なのでやっぱり苦痛で、結局やめました。




今は思います。

わたしが嫌い・苦手な職種も、他に好き・得意という人が必ず居るはず。

そういう人たちが就くべきであって、そうじゃないとその職場も良いエネルギーが回っていかない。

逆に、苦手なわたしが就くことで、良い(エネルギーの)循環を止めてしまうことになる。



わたし自身も、入力の仕事は好きなので、休憩をとらなくても平気だったり、

会社に行く前に、入力作業があると思うと少しテンションが上がったりします。



だから、ここは拘って、派遣の仕事内の限定ではあるけれど、

「嫌なことはしない」「やりたいことをする」を貫くことにしました。


1か月前から活動し、何度も社内選考に落ちて弱気になったけど、

「半月くらい働かなくても(お金は)どうにかなる」って開き直りました。


そしたら、期間満了最終の日、登録先の派遣会社2社から、

入力メインの仕事のオファーの電話を頂きました。

エントリーした仕事ではないのに。

条件面も社内選考落ちしたものより、希望に沿ったものでした。


そのうちの1社で決まって、来週から働きます。



―不要な観念を手放す―

途中怖かったけれど、手放しを続けて本当に良かったと思います。



















にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーリンク