IMG_9837


京都人の人生初もんじゃ焼き。焼き方をじっくりと観察する

初めてもんじゃというものを食べました。

関西では、食べられるところが少ないのです。

お好み焼き屋さんのメニューに必ずあれば食べる機会もあるというものですが、わざわざもんじゃ焼きを食べるためだけに遠出をすることは無いので、今まで食べたことが無かったのです。


先日、ご近所にもんじゃ焼きも食べられるお好み焼き屋さんが出来ていたのを見つけて、初もんじゃ焼き体験に行きました(^∀^)




お店のスタッフさんが焼くところをまじまじ凝視・・

もんじゃの焼き方については『土手を作る』くらいしか知識が無かったわたしですが、今回見てみるとお好み焼きとは違って、結構な手順があるのですね。

関東の人はお店でも自分たちで焼く人が多いと聞きましたが、こんなに工程があるなら絶対お店のスタッフさんにやってもらいたいと、関西人のわたしは強く感じました。


IMG_9836
今回オーダーしたもんじゃは、明太チーズです。






IMG_9846
具材は全部一緒に鉄板へ投入して、焼きながら刻むスタイルでした。







IMG_9847
コテや鉄板の小刻みにリズム良く擦れる音が、食欲をそそりますね。







IMG_9848
具材で円を描くように土手を作ったら、その中に出汁を流し込んで・・








IMG_9849
って、土手、決壊してる?(つд⊂)ゴシゴシ








IMG_9850
大洪水?(つд⊂)ゴシゴシ









IMG_9851
コテで素早くまぜまぜ・・










IMG_9852
出来た!!





焼いてるところを撮らせていただきました。









もんじゃの食べ方は?

コテの小さい形の『はがし』と呼ばれるもので食べるらしいのですが、、、これが慣れないせいか結構食べにくいのです

はがしを下に向けた状態で人差し指が上にくるように持って、もんじゃの端っこのほうからはがしではがして、鉄板に軽く押し付けるように焼いてから、はがしにくっついたもんじゃを食べる。

店員さんが丁寧に食べ方を教えてくれたけど、鉄板に押しつける感覚や、焦げてるのか焦げていないのかが良くわからず、しかもはがしがめちゃめちゃ小さい上、熱くてたくさん乗せることも出来ず、
IMG_9832
こんなちょびっとずつしか口へ持っていけなくて、気忙しかったです
最後の方はめんどくさくて鉄板に押しつけず、もはやはがしですくったまま食べていました。

あ"ーーーーー。混ぜていた方の大きなコテですくいたい

辛気臭くなって、コテで一気に鉄板に押しつけて、バッとお皿に乗っけて食べたかった

家だったら絶対してます( ´_ゝ`)



味の感想は、美味しかったです。

想像していたものよりしっかり味も付いていて、香りも良かったです。

次回食べる時は、もっと上手に焦がしながら食べられるようになりたいですね。

でも、焼くのは是非是非店員さんにお願いしたい(笑)




他にオーダーしたものは、
IMG_9833
豚・イカ玉(食べ終わる直前に写真撮ることを忘れていたことに気付きました
長芋がたくさん入っていそうな、ふわふわなお好み焼きです。
ソースは甘めで、辛いコテコテソースが苦手なわたしには好みの味でした。





IMG_9853
豚焼きそば(もはや完全に撮るのを忘れていた・・。画像はお店のをお借りしました)
このお店の焼きそばは太麺でもちっとしていてとても美味しかったですよ。





IMG_9834
ソースでこってりした口をさっぱりしてくれるお豆腐のサラダ。


最後にミニチョコレートパフェのデザートもいただきました。






今回行ったお店は、「お好み焼きはここやねん」というお店です。
お好み焼きは ここやねん 山科駅前店
人気のもんじゃ焼! お得な会員限定クーポン有
[住所]京都府京都市山科区上野御所ノ内町4-4ファインリバー山科1F
posted with タベレバ

お肉などの鉄板焼きメニューや、ちょっとしたご飯ものもありました。

山科駅からすぐなので、疎水の桜並木を堪能された後など寄ってみるのもいいかもしれません。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク